調剤情報実務能力認定試験(調剤事務実務士(R))の試験内容

調剤情報実務能力認定試験の概要とポイント

調剤情報実務能力認定試験は、特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会(MEDIN/メッドイン)が主催して資格認定を行っている試験です。

受験資格は、特定条件はなく誰でも受験できます。

また、この資格は国が以前から推進している職業能力を就職時に証明できるジョブカードに正式に記載できる認定資格になります。

試験内容は、薬学・医療保険制度・調剤報酬点数の算定・接遇マナーに関する学科問題が20問、処方箋を元に調剤レセプトを作成する実技問題が3問が出題されます。

試験時間は学科試験と実技試験合計で3時間の試験になり、標準的な試験時間より1時間程度長い試験になります。

試験日は年3回(3,7,12月)行われており、指定校での講座受講生は在宅試験になるので、実質的には時間制限はなくテキストなどの資料を参照しながら試験問題に取り組めます。

合否判定基準は、少し変則的で各試験の実施回ごとに、次のいづれかの基準が適用されるようです。

  • 受験者偏差値55以上
  • 正答率80%以上

合格率は、50〜60%を推移しており、やや難易度の高い試験に該当すると思います。

受験料は7,700円(税込)ですが、合格後に資格認定証を発行してもらうために認定証の発行手数料が別途1,540円必要になります。

協会側が申請受理してから3〜4週間で認定証が交付され自宅に郵送されてきます。

調剤情報実務能力認定試験を目指せるスクール・講座

 調剤情報実務能力認定試験に対応したスクール・講座は、医療福祉情報実務能力協会で紹介されていますので、興味のある方はご確認下さい。

資格の特徴と試験内容

調剤情報実務能力認定試験の特徴
  • 受験資格は学歴・年齢制限なく誰でも受験可能
  • 講座受講生は在宅受験可能
  • 試験日は年3回(3月,7月,12月)
  • 受験料は7,700円
  • 試験問題は学科20問、実技3問が出題される
  • 合格基準は試験実施ごとに受験者偏差値55以上、又は正答率80%以上が適用される
  • 受験料以外に認定証発行手数料が1,540円必要
  • 合格率は50〜60%程度でやや難しい資格試験
資格・試験

調剤情報実務能力認定試験

受験資格

特になし誰でも受験可能

出題範囲 学科(20問)
  • 薬学の知識
  • 医療保険制度
  • 点数算定
  • 接遇マナー
実技(3問)
  • 調剤報酬明細書作成
試験時間

3時間

試験日時

年3回:3,7,12月

調剤薬局事務の資格試験日程一覧はこちら≫≫

試験会場

在宅試験

受験費用

7,700円(税込)

合否
判定基準

学科・実技とも、試験実施ごとに下記のいずれかで合否判断される

  • 受験者偏差値55以上
  • 正答率80%以上
認定証
発行
  1. 合格後、認定証の発行手続を行う
  2. 協会が申請を受理する
  3. 受理後、3〜4週間後に認定証が発行される

※認定証(資格証カード)発行手数料:1,540円

合格率

55.4%

主催

特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN/メッドイン)

所在地
問合先

〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-2-27 オーチュー第7ビル4F
TEL:03-5326-7784

試験情報引用元: 医療福祉情報実務能力協会「調剤情報実務能力認定試験」より

関連ページ

調剤事務管理士(R)技能認定試験の試験内容
調剤事務管理士(R)技能認定試験の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。
調剤報酬請求事務技能認定の試験内容
調剤報酬請求事務技能認定の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。
調剤薬局事務検定試験の試験内容
調剤薬局事務検定試験の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。
医療保険調剤報酬事務士の試験内容
医療保険調剤報酬事務士の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。
調剤薬局事務資格の試験内容
調剤薬局事務資格の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。
調剤報酬請求事務専門士の試験内容
調剤報酬請求事務専門士の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る