医療管理秘書士の試験内容

医療管理秘書士試験の概要とポイント

医療管理秘書士は、一般社団法人 医療教育協会が実施している資格試験です。

医療管理秘書士は、医療機関内において病院長・診療部長・医局長などの業務をサポートし、責任者が本来業務に注力できるよう支援する医療秘書職の上級資格になります。

初級資格が医療秘書士で、医療管理秘書士は上級資格という位置づけになる医療秘書資格です。

受験資格は、独学では受験できず医療教育協会指定の大学・短大・専門学校にて必須科目を履修し、医療管理秘書の専門知識を習得した者が受験できます。

なので、社会人として定職に就いている方が受験するのは難しい資格試験だと思います。

試験日は10月と1月の年2回で、全国統一試験として行われています。

試験会場は教育指定校で行われており、試験内容は、学科・実技合わせて全6テーマに関して出題されます。

合格基準は、全出題数の6割以上の正解が必要で、この基準をクリアすると合格となります。

試験に合格すれば合格証が発行されますが、発行日より1年内に資格認定申請手続きが必要で、期限が過ぎると合格取り消しとなるので注意が必要です。

認定申請手続きが完了すれば資格認定証が発行され、医療管理秘書士の資格認定者となります。

受験料は7,000円ですが、別途で認定料が10,000円必要で、資格認定証を交付してもらうまでには17,000円の費用が必要になります。

医療管理秘書士を目指せるスクール・講座

 医療管理秘書士に対応したスクール・講座は、次のページで詳しく紹介しています。

医療管理秘書士を目指せる学校の学部・学科・コース 詳しくはこちら

資格の特徴と試験内容

医療管理秘書士の特徴
  • 受験資格は当協会の教育指定校で必須科目を履修した者
  • 全問題の60%以上の正解で合格となる
  • 受験料(7,000円)とは別途で認定料(10,000円)が必要
  • 試験は年2回(1月、10月)実施されている
  • 合格証発行後1年以内に認定申請手続きが必要
資格・試験

医療管理秘書士能力認定試験

受験資格

当協会の教育指定校にて資格取得必須科目を取得した者

出題範囲
  1. 医療管理学概論
  2. 医療秘書実務
  3. 医事業務に関する医学一般
  4. 医事業務に関する薬の知識(医療管理学に含む)
  5. 医療事務総論(医療保険制度)医療事務と医療保険請求事務の演習
  6. 情報処理・実技
試験日時 年2回(10月、1月)

医療秘書の試験日程一覧はこちら≫≫

試験会場

教育指定校

受験費用
  • 受験料:7,000円
  • 認定料:10,000円
合否
判定基準

全体の60%以上の正解

合格証

試験合格者には合格証が発行されるが、発行1年以内に認定申請手続きが必要

期限が過ぎれば合格取り消しとなる

認定証

試験合格後、認定申請手続きを行い完了すれば認定証が発行される

合格率

  ―

主催

一般社団法人 医療教育協会

所在地
問合先

〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目1?1?602
TEL:078?361?7493

試験情報引用元:
一般社団法人 医療教育協会「医療管理秘書士」より

関連ページ

2級医療秘書実務能力認定試験の試験内容
2級医療秘書実務能力認定試験の受験資格・受験料などの試験内容、資格の特徴や受験ポイントなどを紹介しています。
医療秘書情報実務能力検定試験(医療秘書管理実務士TM)の試験内容
医療秘書情報実務能力検定試験(医療秘書管理実務士TM)の受験資格・受験料などの試験内容、資格の特徴や受験ポイントなどを紹介しています。
医療秘書技能検定試験の試験内容
医療秘書技能検定試験(1級,準1級,2級,3級)の受験資格・受験料などの試験内容、資格の特徴や受験ポイントなどを紹介しています。
医療秘書士の試験内容
医療秘書士の受験資格・受験料などの試験内容、資格の特徴や受験ポイントなどを紹介しています。
医療秘書資格の試験内容
医療秘書資格の受験資格・受験料などの試験内容、資格の特徴や受験ポイントなどを紹介しています。
日本医師会認定医療秘書の試験内容
日本医師会認定医療秘書の受験資格・受験料などの試験内容、資格の特徴や受験ポイントなどを紹介しています。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る