日本医療事務協会の調剤薬局事務講座(通信)

日本医療事務協会 調剤薬局事務講座[通信]の特徴・講座内容

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座(通信)詳しくはこちら

受講メリット・特徴

最長在籍期間は1年間、自分のペースで学習可能!

本講座の標準受講期間は3ヶ月ですが、受講期間はさらに9か月延長できますので、トータルの受講在籍期間は1年間有効です。

当然サポートの内容や質は標準受講期間と同等のサポートが受けられます。

なので、時間的に余裕がなく忙しい方やマイペースで学習したい方にとっては、自分のペースに合わせて学ぶことが可能です。

また、最短で講座を卒業したい方は、1ヶ月程度で講座を修了できます。

資格試験は在宅受験&受験期限無し!

日本医療事務協会の調剤薬局事務通信講座では、調剤薬局事務検定試験を目指します。

この資格試験は毎月第4土曜日に行われており、講座修了後に自宅に居ながら受験することが可能です。

自宅なので時間制限を気にすることなく、解答方法もマークシート方式で、テキストや資料を見ながら解答できます。

落ち着いて精神的にリラックスして受験できるのは大きなメリットですね。

また、本講座の最長受講在籍期限は受講開始後1年間有効ですが、資格試験は1年間が過ぎてもチャレンジできるの受験有効期限を気にすることなくいつでも好きなタイミングで受験できます。

ちなみに試験の合格率は、毎年90%前後と難易度が低いのでチャレンジしやすい資格試験と言えます。

初学者用の教材と担任講師制のサポートで安心!

メインテキストは、調剤薬局事務を初めて学ぶ方、薬に関しての知識がない方でも容易に理解しやすいようイラストや表を多用して、自宅学習でも最短で資格試験にチャレンジできるように考え抜かれたテキストを使用します。

また、講師は担任制なので、受講生一人ひとりの状況が把握しやすくキメ細かなサポートが可能です。

課題添削は専任講師が直接対応!

添削課題の提出は2回ありますが、スタッフが添削を行ったりせず、担任講師自身が手書き添削で返答してくれます。

添削時には、問題に解答する際のコツやポイント、弱点を克服するための指導・アドバイスなどを受講生の学習進捗状況や理解度に合わせて丁寧に適切に行ってくれるため、試験合格できる実力を確実に養うことができます。

万全な質問対応!

通信講座で学習する場合の一番の不安は、分からないことや疑問点に直面した場合です。

日本医療事務協会の調剤薬局事務通信講座では、電話・メール・FAX・郵送で質問受付しており、担当講師に直接質問することが可能です。

質問に対する返答期限は次の通りです。

  • 電話:毎週水曜日10:00?16:30
  • 郵送:1週間以内
  • FAX・メール:2?3日程度

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座(通信)詳しくはこちら

就職サポート内容

日本医療事務協会の就職サポートは定評があり、主に3つの観点から就業支援をうけることができます。
就職支援部によるサポート

就職支援部という就業サポート専門部署が全国に9拠点設けられており、次のようなサポートが行われています。

  • 仕事や就業に関する疑問・不安を相談できる仕事相談会の実施
  • 希望する求人や仕事の情報紹介
  • 就職した後も継続する就業中サポート
就職サポートセミナーの開催
  • 薬局や病院など採用側の医療機関が求める人物像を把握
  • 採用担当者に「採用してみたい」と感じさせる履歴書の書き方
  • 面接時に長所を効果的にアピールする方法
調剤事務に関する求人情報の紹介
  • 最新求人情報の紹介
  • 未経験OKの求人応募情報紹介
  • 医療事務系求人情報専門サイトの「医療事務求人.com」の活用

管理人レビュー

日本医療事務協会は、1975年から45年以上に渡る医療事務系の資格講座運営実績がある老舗資格スクールです。

なので、長年の運営実績から蓄積された効果的な講座カリキュラムや効率的なテキスト教材などのをノウハウを持っていることが最大の強みです。

資格試験の合格率では、毎年90%前後の高い合格率を保っており、効果的で効率的なカリキュラムや教材が提供されていることがその理由の一つでも有ります。

また、標準受講期間3ヶ月に対しさらに9か月のサポート延長が無償で受けられる上、資格試験の受験有効期限が撤廃されているのも受講者に大変有利な条件となっています。

特に通学コースの場合、日程は短期・平日・土日、時間は午後・午前・夜間と幅広くコースがあり、教室数も全国47拠点設けられています。

就職に関しても全国に9拠点支援専門部署を設けており、上記の就職サポート内容で紹介した通り、かなり手厚い就業サポートを行っています。

何と言っても講座運営や就業支援サポートの運営実績が長年に渡るので、全国各地域の医療機関と密着した強力な提携関係や繋がりがあり、医療機関側もスクール修了生なら雇用したいという所も多いようです。

なので、一般求人では公開されていない好条件の非公開求人情報も多く保有しています。

現実的に資格試験の合格率や就職率も高いということから、受講メリットの高い調剤薬局事務講座と言えるでしょう。

最短で資格を取得し、1日も早く就職して収入を得たいという方にとっては、魅力のあるスクールかもしれませんね。

講座内容

講座名

調剤薬局事務講座

受講形態 通信コース
標準
受講期間
3ヶ月〜
最長
受講期間
12ヶ月間
添削指導 2回
目指せる
資格試験

調剤薬局事務検定試験(受験料:税込4,950円)

調剤薬局事務の試験日程はこちら≫≫

試験形態 在宅受験
受講費用
一括払い
32,780円(税込・教材費込)
受講費用
分割払い

クレジットカード払い利用にて可能

教育訓練
給付制度
対象講座(標準受講期間内に講座修了する必要あり)

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座(通信)詳しくはこちら

 

通学講座も開講されていますので興味のある方はご一読下さい。

 

関連ページ

たのまなヒューマンアカデミーの調剤薬局事務講座(通信)
たのまなヒューマンアカデミーの調剤薬局事務講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
ユーキャンの調剤薬局事務講座(通信)
ユーキャン調剤薬局事務講座(通信)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
大栄の調剤薬局事務講座(通信+通学)
大栄の調剤薬局事務講座(通信+通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
日本医療事務協会の調剤薬局事務講座(通学)
日本医療事務協会の調剤薬局事務講座(通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る