ユーキャンの調剤薬局事務講座(通信)

ユーキャン 調剤薬局事務講座[通信]の特徴・講座内容

ユーキャンの調剤薬局事務講座 詳しくはこちら

受講メリット・特徴

自宅で資格試験を受験できる!

本講座は、調剤薬局事務検定試験の合格を目指せる講座です。

講座の修了認定試験に合格すれば、6ヶ月間の受講期間内に毎月行われる資格試験を自宅に居ながら受験できます。

在宅受験できるポイントは次の3つです。
  1. 自由に受験時間を選択できる
  2. 緊張することなくリラックスした状態で受験できる
  3. テキストや参考資料を見ながら解答できる

なので、試験にありがちな丸暗記などは不要です。

メイン教材はたったの2冊のみ!

講座で使用する主なテキストはたったの2冊だけです。

この理由は短期間で効率的に知識を習得できるようにするため、必要不可欠な知識だけに絞り込んで教材が作成されているからです。

また、初学者でも勉強に取り組みやすく分かりやすくするために、テキストはカラー印刷、図・イラスト豊富、コンパクトなA5サイズという工夫がされています。

要するに無駄が一切排除されたテキスト内容になっているので、迷いがちな初心者でも重点を絞って学習できるように工夫されています。

さらに調剤薬局事務の専門知識だけでなく「接遇マナーハンドブック」では、調剤事務での電話応対の基本や患者さんに対する接客マナーもイラストなども含めて分かりやすく学ぶことができます。

スマホからのテキスト閲覧、WEBテストが受けられる!

ユーキャンでは、合格デジタルサポートが用意されています。

デジタルテキスト:

テキストなどを持ち歩かなくてもスマホからテキストを閲覧し、いつでもどこでもスキマ時間を有効活用し効率的に学習することが可能です。

学習課題のチェックとナビゲート:

学習進捗状況から今後の学習課題を明確にし、目標設定した計画通りにやるべき学習内容が終了できるように学習スケジュールの達成度合いをチェックされます。

進捗度が一目で確認できるので、今何をすればいいかが明確になりヤル気も維持することができます。

WEBテスト:

スマホからWEBテストにチャレンジできます。

問題を解いていくと、結果から苦手問題や弱点を分析してもらえるので、何を優先して重点的に学習すればいいのかなどが明確になり無駄なく効率的に苦手科目を克服することができます。

指導サポート期間延長制度

本講座は3ヶ月間の学習で修了できるようにカリキュラムが組まれていますが、その期間が過ぎても受講スタートから最長6ヶ月間は全てのサポートを受けながら学習することが可能です。

なので、自分のペースで焦ることなく安心して学習することができます。

添削サポート・質問サービス

提出した添削課題は、コンピュータ分析が行われ詳しく内容を採点評価して、受講生の理解度に見合った的確なアドバイスや指導をしてくれます。

自分の理解度合いを認識し、弱点科目を把握できるため、効率的に勉強を進めていくことができます。

また勉強していて疑問に思うことや理解しにくいことがあれば、メールや郵送から気軽に質問できます。

ユーキャンの調剤薬局事務講座 詳しくはこちら

管理人レビュー

ユーキャンの調剤薬局事務講座と言えば、「世界の果てまでイッテQ!」や「下町ロケット」で有名なイモトアヤコさんが、講座を受講し試験に合格したことで話題になったことがありました。

ユーキャンの講座ランキングでも1位の医療事務講座に次いで2位にランクインしている人気講座です。

調剤薬局事務講座はユーキャンが長年に渡って開講している講座で教育ノウハウが蓄積されています。

そのノウハウが教材やサポートに活かされており専門知識を効率的に学べるという利点と、試験も在宅試験が可能というメリットも重なって女性に人気の講座となっています。

現在は国の政策もあり医薬分業が推進されていて、診療は病院で、薬は薬局でというように役割が分業されています。

病院で診療が終わると医師が処方箋を発行し、近隣の薬局やドラッグストアで処方箋を提出して薬を調剤し受け取るというのが一般的になっているのは皆さんもご存じの通りです。

なので薬局やドラッグストアの店舗が増加し続けており、そこでは必ず調剤薬局事務が必要になってきます。

地域のチラシやフリーペーパー、ネット求人サイトなどでも求人募集が掲載されているのを見かけますね。

講座のポイントについては、上記の受講メリット・特徴で紹介していますので参考にしていただければと思います。

但し、費用と就職サポートについては、ユーキャンより、たのまなヒューマンアカデミーの方が費用が格安で就職フルサポートという点で軍配が上がります。

講座のクオリティーは両講座とも高品質なので、ユーキャンにこだわりがない方なら、たのまなヒューマンアカデミーの方がお得だと管理人は個人的に思いますね。

講座内容

講座名

調剤薬局事務講座

受講形態

通信講座

受講期間

標準期間:3ヶ月

最長期間:6ヶ月

目指せる
資格試験

資格試験
調剤薬局事務検定試験

受験料
一般受験生:5,500円(税込)
ユーキャン受講生:4,950円(税込)

調剤薬局事務の試験日程はこちら≫≫

試験形態

在宅受験(マークシート方式)

学習
サポート
  • スマホ・パソコンからのテキスト閲覧
  • スマホ・パソコンでの学習の進捗度管理、今週の課題表示
  • WEBテスト実施後、結果分析し優先課題の問題出題
  • 指導サポート期間延長(受講開始より最長6ヶ月間)
  • メール・郵送からの質問(1日3問まで)
就職
サポート
  • 就職活動のハウツウ本「就職ガイド」配布
  • 派遣会社の登録紹介。(注:就職先の斡旋は無し)
添削指導

全3回(修了課題含む)

教材
  • メイン教材(3冊)
  • サブ教材(2冊)
  • 添削課題関連書類
受講費用 受講料は送料・教材費・指導費・消費税を含めた価格。

一括払い:39,000円

分割払い:39,600円(3,300円×12回)

支払い方法

郵便局・ゆうちょ銀行・コンビニエンスストア・LINEpay・クレジットカード(一括払いのみ対応)

給付制度

厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度の対象講座。

ユーキャンの調剤薬局事務講座 詳しくはこちら

関連ページ

たのまなヒューマンアカデミーの調剤薬局事務講座(通信)
たのまなヒューマンアカデミーの調剤薬局事務講座(通信)の特徴・受講メリット、学習内容、受講期間、受講料、サポート体制などについて詳しく解説しています。
大栄の調剤薬局事務講座(通信+通学)
大栄の調剤薬局事務講座(通信+通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
日本医療事務協会の調剤薬局事務講座(通信)
日本医療事務協会の調剤薬局事務講座(通信)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。
日本医療事務協会の調剤薬局事務講座(通学)
日本医療事務協会の調剤薬局事務講座(通学)の特徴や学習内容、受講期間・受講料、教室と開講日程、就業サポート体制などについて詳しく解説しています。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る