調剤薬局事務資格の試験内容

調剤薬局事務資格の概要とポイント

調剤薬局事務資格は、一般財団法人 日本能力開発推進協会が主催して資格認定を行っている試験です。

受験資格は、日本能力開発推進協会が認定したスクールが実施している講座カリキュラムを全て履修した受講生が対象となった調剤薬局事務の資格試験です。

よって、講座を受講せずに独学で学んでも受験資格が得られないので資格は取得できません。

試験内容は講座で学んだ保険薬の調剤報酬請求事務に関する実務技能のレベルが評価されます。

試験会場は在宅で自宅に居ながら試験にチャレンジできますので、試験時間の縛りはなく自分の都合に合わせて試験問題に取り組むことができます。

自宅なので、教材などを手元に置き確認しながらリラックスした環境で解答することができます。

試験を受けるタイミングですが、講座修了後であれば自分の都合にあわせて申し込みでき、受講開始後から12ヶ月間に限って何回でも受験することができます。

但し、12か月を過ぎた場合は受験資格が消滅するので、この期間内に合格する必要があります。

合否判定基準は7割以上の正答得点率で合格となります。

よって、試験で満点を狙ったり丸暗記式の勉強も不要なので、現実的には1年を超過して受験資格を喪失したり、1年以内に合格できなかったりする方はほとんどいません。

受験料は5,600円(税込)で標準的な相場料金となっています。

試験結果は、自宅に郵送された出題問題に対する答案用紙を記入し協会に返送してから約1ヶ月後に郵送にて合否通知されます。

試験に合格すれば、調剤薬局事務資格の認定証と認定カードが発行されます。

調剤薬局事務資格を目指せるスクール・講座

 調剤薬局事務資格に対応したスクール・講座は、日本能力開発推進協会(JADP)のホームページにてご確認下さいね。

資格の特徴と試験内容

調剤薬局事務資格の特徴
  • 受験資格は協会認定のスクール講座カリキュラム修了者
  • 在宅で試験を受験できる
  • 試験日は講座修了後に都度受験可能
  • 受験料は5,600円と標準的
  • 合格するには7割以上の得点率が必要
  • 合否結果は答案用紙を協会が受理した後1ヶ月で郵送通知される
  • 合格すれば、「調剤薬局事務資格」が付与され認定証が送付される
資格・試験

調剤薬局事務資格

受験資格

協会が認定した教育機関の講座カリキュラムの修了者

出題範囲 調剤報酬請求事務の業務能力について評価
  • 医薬品、処方に関する基礎知識
  • 医療保険制度の体系と基礎知識
  • 保険薬局・薬剤師の療養担当規則
  • 調剤報酬請求事務の実務スキル
試験日時

講座修了後に随時受験(受験期限は受講スタート後、1年以内)

調剤薬局事務の資格試験日程一覧はこちら≫≫

試験会場

在宅試験

受験費用

5,600円(税込)

合否
判定基準

得点率70%以上で合格

合否発表
通知

解答用紙返送し協会受理後、約1ヶ月で郵送通知

合格証明

合格者には「調剤薬局事務資格」の認定証と認定カードが交付される

主催

一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)

所在地
問合先

〒104-0061
東京都中央区銀座7丁目12番6号 田丸屋ビル4階

試験情報引用元: 一般財団法人 日本能力開発推進協会「調剤薬局事務」より

関連ページ

調剤事務管理士(R)技能認定試験の試験内容
調剤事務管理士(R)技能認定試験の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。
調剤報酬請求事務技能認定の試験内容
調剤報酬請求事務技能認定の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。
調剤薬局事務検定試験の試験内容
調剤薬局事務検定試験の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。
医療保険調剤報酬事務士の試験内容
医療保険調剤報酬事務士の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。
調剤報酬請求事務専門士の試験内容
調剤報酬請求事務専門士の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。
調剤情報実務能力認定試験(調剤事務実務士(R))の試験内容
調剤情報実務能力認定試験(調剤事務実務士(R))の資格種類、試験内容、受験ポイントについて紹介しています。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る