医療事務の学習方法の適性チェック

 資格取得のための勉強をする場合、どんな方法があなたにとって最適かを次の項目をチェツクして資格講座を選択する場合の参考にして下さい。

次の各項目ごとの質問の中から、自分に該当するものを一つずつ選択し、回答番号を数えて下の回答番号の合計数欄に記入します。

※回答番号が2つある項目はそのまま両方をカウントします。

項目 質問内容 回答
番号
資格試験まで
の期間
最短・最速で資格を取得したい @
マイペースで勉強したい AB
時間を気にせずじっくり勉強したい C
生活スタイル 平日や土日に定期的に休みが取得できる @B
仕事やプライベートで休みが不定期で毎日忙しい AB
学生時代のような生活に戻っても問題ない C
自己管理 スケジュール管理が苦手で誰かにフォローしてもらいたい @
スケジュールの作成や管理ができ、実行するのも得意である AB
決まったスケジュール通りに行動する方が気が楽だ C
費用 10万円以内に費用は押さえたい @A
費用はなるべくかけたくない B
10万円以上費用はかかってもよい C
勉強スタイル 手取り足取り講師に指導してもらいたい @
効率的に空き時間を活用して勉強したい AB
医療事務の知識と共に、接遇マナーやパソコン操作もなども学習したい C
就職 最低限の就職サポートがあれば、後は自分の努力で何とかしたい @A
就職先は自分の努力で探せると思う B
万全な就職サポートがないと、すごく不安がある C
  1. 質問項目に対して該当する回答番号@〜Cがそれぞれいくつずつあるか数えて合計数を記入します
  2. 記入例として、@:2個、A:2個、B:1個、C:1個などと記入します。
回答番号 回答番号の
合計数
@
A
B
C

上記の回答番号の合計数@〜Cで一番多い番号があなたに最適な学習方法です。

回答
番号
お勧めの
学習方法
特徴
@ 通学講座

通学講座は、現在働いて受講費用も気にせず出費でき、平日・土日も定期的に空けられる方に向いています。

通学講座なら自己管理が甘い人でも、あきらめずに最後まで勉強を続けられる可能性が高いです。

1クラス10〜20人までの少人数制クラスも開講されているので、自分の学習スタイルに合わせて選択しましょう。
A 通信講座 通信講座は、仕事が忙しく残業も多い方や家事などで決まった日を空けらない方に向いています。

時間を気にせず自分の空いた時間に勉強できるので、時間を有効活用できます。

受講費用も通学講座より安く抑えられます。
B 独学 独学は、医療事務の実務経験者や過去に学習をしたことがある方なら十分可能です。

受講費用がない人も、市販の参考書などで学習することもできるので、正直大変ですが資格取得を目指してほしいと思います。

C 専門学校
短大
専門学校・短大は、現役高校生でこれから進路を決める方や、会社を退職して一からきちんと学習してから資格取得を目指したい方に適しています。

勉強時間とお金がある方は、みっちりと学習するために、1〜3年制の学校に通学して学ぶのが適しています。

関連ページ

医療事務の資格は就職時に本当に有利になるのか?
医療事務として就職したい場合、資格や経験の有無は就職時、どのように影響するのか?採用側の本音はどうなのかなどについて暴露しています。
自分に合った医療事務資格の見つけ方
チェック表を使った自分に合った医療事務ジャンルの見つけ方、資格や講座の探し方などを紹介しています。
医療事務 通信講座のメリットと講座選びのポイント
医療事務を通信講座で受講する場合のメリットと講座選びのポイントについて紹介しています。
医療事務 通学講座のメリットと講座選びのポイント
医療事務を通学講座で受講する場合のメリットと講座選びのポイントについて紹介しています。
医療事務 専門学校のメリットと講座選びのポイント
医療事務を専門学校で受講する場合のメリットと講座選びのポイントについて紹介しています。
医療事務 独学で目指す場合のメリットと学習ポイント
医療事務資格を独学で目指す場合のメリットと学習方法やポイントについて紹介しています。
医療事務資格4つの勉強法メリットとデメリット比較
医療事務資格を取得するには4つ勉強法(学習方法)がありますが、ここではそのメリットとデメリットを比較してみました。

医療事務
資格試験日程
医療事務資格
種類と試験内容
医療事務講座
徹底比較
医科 医療事務
人気講座
歯科 医療事務
人気講座
医師事務作業補助者
人気講座
医事コンピュータ
人気講座
ページトップへ戻る